【動画で見る】キャッチボールができるようになるグローブの使い方

【動画で見る】キャッチボールができるようになるグローブの使い方

小学校1年生の子供が野球にハマっていて、私とキャッチボールが毎日の日課となっています。

まぁ、キャッチボールといっても子供がちゃんと捕球できるのは5回に1回くらいなので、キャッチボールと呼んでいいのかわかりませんが。(汗)

子供もやる気があるし楽しんでいるようなので何とか上達してもらいたいんですが、よく考えたら私自身はキャッチボールを教えてもらったことはあっても教えたことはない!

教え方を間違えたら変なクセがつきそうだしな・・・。

ということで何か良いものはないかとYOUTUBEを検索!信頼できそうな動画をピックアップしてみました。

今回は、キャッチボールが上手になりそうなグローブの使い方に関するYOUTUBE動画まとめです。

グローブの使い方を解説してくれている動画

YOUTUBEで検索してみると思いのほか関連する動画が少ない印象でした。

世の中の野球好きさんがこぞってアップしているかと思いきや、そんなこともないようですね。

でも、かなり信頼できそうな動画がいくつかありましたよ。

プロ野球選手が解説してくれている動画なんかは非常に役立ちそうです。

宮本慎也 間違えやすいグラブの使い方

こちらはオリンピックでキャプテンを務めていたことでも有名な宮本慎也さんの解説動画。

現役時代から守備は特に評価が高かったように思いますので、これは参考になりそうです。

動画のポイント

  • 自分の目線にグローブが入るように構える
  • グローブの先端は上向きに
  • グローブと目線(顔)はなるべく近く
  • 身体を動かして目線をボールに近づける
  • グローブを立てる=手のひらを立てるということ

とにかくグローブと目線(顔)は近くにあった方がいいようです。

ボールが逸れた場合にも、身体を動かして取りやすい位置に移動するのが大切なんだとか。

石川雅規 グローブの使い方

東京ヤクルトスワローズで活躍するピッチャーの石川選手。

小柄ながら多彩な変化球を使って打者を打ち取る技巧派ピッチャーのイメージです。

こう聞くとグローブの使い方も上手そうですよね。

動画のポイント

  • 素手で捕るような感覚
  • 投げる方向にグローブを出して、そこに体を持って行くように投げる

こちらの動画はグローブの使い方だけでなく、手入れなどグルーブを使う上での心構えも紹介してくれてます。

館山 石川 キャッチボール基本と応用

こちらは石川選手と館山選手のキャッチボールについての動画。

基本編と応用編に分けて解説してくれてます。

動画のポイント

  • 相手に向かって足を真っすぐステップして投げる
  • 足が相手に向いていないとボールは真っすぐ飛ばない
  • 相手の取りやすい位置をめがけて投げる
  • 試合中にボールを相手より上に投げるシチュエーションはない
  • わざとワンバウンドさせて捕りやすい位置に投げる

実際の試合ではボールを相手より上に投げるシチュエーションはない、というのは確かに!と思いますね。

このように状況を想定しながら練習すると上達も早そうです。

小学生 基礎から学ぶ野球トレーニング

なんだかスワローズの宣伝ページみたいになってきましたが(汗)、最後は子供の教育に関してはプロ中のプロであるベネッセさんが配信している動画です。

先ほどのようなプロ野球選手がコツやポイントを開設するというのではなく、教科書のように基本的なやり方を教えてくれる動画になっています。

動画のポイント

  • ボールの握り方は大切
  • 腕全体(肩、肘、手首)を使って投げる
  • 投げる前に腕を大きく使って回すと良いフォームがイメージできる
  • グローブを使う腕を大きく回して身体の前で止める、そこでグローブを相手に向けた状態がベストポジション
  • グローブをつけている手は人差し指を立てて相手に向ける
  • ボールは人差し指と親指の付け根あたりでキャッチする

すごいですね、基本的な動作が全て網羅されてます。

これをじっくり見て実践すればキャッチボールができるようになりそう!

最後に

参考になりそうな動画がたくさんありました。

プロ野球選手のワンポイントアドバイスも非常に興味深かったです。

あとは実践あるのみ!

結局は繰り返し練習しないとキャッチボールはできるようになりませんからね。

さて、今日も暗くなるまでキャッチボールしますか!

この情報が皆さんのお役に立てれば幸いです。