小学校低学年におススメな【軟式少年野球用グローブ】はどれ?

小学校低学年におススメな【軟式少年野球用グローブ】はどれ?

我が家の長男が今一番ハマっているスポーツが野球です。

サッカーやドッジボール、バスケットなど色んな球技で遊んでみましたが、どうやら気に入ったのは野球だったご様子で、「少年野球団に入りたい!」と常々言っています。

もちろん親としてもウェルカムなんですが、野球団に入るにしても最初にいろんな道具を揃えなければ。

中でもまず必要になるのがグローブです。

今はおもちゃに毛が生えた程度のグローブなので本格的なやつを探すことになったのですが、どれを買ったらいいかさっぱりわからない。(苦笑)

そこでスポーツ店に行って店員さんに色々と聞いてきましたよ!

今回はそんな話をシェアします。

とにかくスポーツ店に行ってみた

お店のカート

まずネット検索して調べてみたんですが、小学校低学年向けグローブの選び方でバシッとくるようなページが見当たらない。(汗)

おすすめグローブ!みたいなページもなくはないですが、なんだか信ぴょう性に欠けるような・・・。

野球経験者とかスポーツ店員さんのブログとかがあればよかったんだけど。

ということで、とにかくスポーツ店に行って店員さんに聞いてみることに。

店員さんに聞いてみた

地元ではわりと大きめのスポーツ店に出向いて、野球コーナーの店員さんに聞いてみました。

私「小学校低学年向けのグローブって、どんなの選んだらいいんですか?」

店員さん「遊びで使うんだったら、一番安いやつで十分だよ。」

なぜか冷たい対応。(苦笑)

遊びで使うグローブ買うくらいであなたに質問しませんよ!・・・とは言いませんが、気を取り直して

私「少年野球団に入ろうと思うんで、ちゃんと使えるグローブを探してるんですけど、どれがいいですかね?」

店員さん「小学校低学年向けというグローブは無い。」

は??

さらに聞いてみる

この店員さん接客向いてない。(苦笑)

でも知識は確かなはず。

ということでさらに聞いてみると、小学校低学年くらいではグローブ選びにこだわれるほど種類が無いらしい。

少年軟式グローブの棚には多くのグローブが並んでいるように見えますが、まだ手の小さい1、2年生くらいで使えるものに絞るとそれほど数が無いようでした。

(店員さん、このくらいでようやくカウンターから出てきて本気モードに入る。遅いよ。。)

で、ここからはちゃんと選び方のポイントを教えてもらうことができました。

小学校低学年がグローブの選ぶときの3つのポイント

黒いグローブとボール

ここからは、ようやく(笑)聞き出した小学校低学年がグローブを選ぶときのポイントをご紹介していきます。

基本的なことも含まれていますので、どの年代でも共通している部分があるかと思います。

それではいってみましょう。

ポイント1:手の大きさに合ったサイズを選ぶ

当たり前じゃん!と思われるかもしれませんが、洋服然り、靴然り、少しでも長く使ってもらいたくて大きめを買いたくなるのが親心理。

でも、やっぱり手の大きさに合ったサイズを選ぶのが基本中の基本だそうです。

メーカーによっても違うかと思いますが、グローブもSSやSなど洋服のような表記でサイズ分けされていることが多いです。

例えば、ZETT(ゼット)のグローブにはこのようなサイズ表記がありました。

SS S M L LL
~120cm 120~135cm 130~145cm 140~155cm 155cm~

下の行は身長の目安なので、小学校低学年ですとSS、S辺りでしょうか。

身長からみた平均的な手長を参考にしているようですが、手の大きさは個人差がありますからね。

実際にグローブをはめてみるのが一番でしょう。

ウチの子は小学校1年生で125cmくらいでSSがジャストサイズでしたが、ホントにピッタリすぎるのでSがいいのかと思ってます。

ポイント2:なるべく柔らかいグローブを選ぶ

今は新品時でも柔らかくボールを掴みやすく加工されているグローブがあるようです。

というか、軟式少年野球用グローブはそのようなものが多いみたい。

新品のグローブはとにかく固いですからね。(苦笑)

特に小学校低学年では、まだ握力が弱いのでこの部分は重要かもしれません。

実際にはめてみて、柔らかく掴みやすいグローブを選びましょう。

ポイント3:できれば本革で

私はそこそこ高いグローブはみんな本革だと思ってましたが違うようです。

外側は本革、内側(指を入れるところ)がクッション(合成皮革)になっているグローブも多いとのこと。

もちろんそのような仕様のグローブにもメリットがあります。

  • 全本革に比べてリーズナブル
  • 柔らかく掴みやすい

確かにウチの子も「これ使いやすい!」といったのは、このようなグローブでした。

ただ、店員さん曰くデメリットも大きいそうです。

  • クッションが破ける
  • グローブの中が臭くなりやすい

特にクッションが破けるのは致命的だそうで、しかもかなりの高確率で破けてしまうとのこと。

「最初は固くて掴みづらいけど、本革で頑張るのがやっぱり良い」と力説されてました。

おすすめされたグローブ3種類

ということで、選ぶときのポイントはわかりました。

店員さんは続けておすすめのグローブをいくつか紹介してくれました。

陳列棚にはたくさんのグローブが置いてあったのに、すすめてくれたのはたったの3種類。(苦笑)

やっぱり選ぶほど種類がないんだな。

良いように考えれば、悩むことが少なくて選びやすいかも?!

アシックス:NEOREVIVE(ネオリバイブ)

アシックスのグローブ
出典:アシックス オンラインストア

こちらのアシックスのグローブは、先ほどの外側が本革、内側が合成皮革という仕様になってます。

実際に柔らかく小学校1年の子どもでも簡単に開閉できていました。

マークの位置も変わっててなんかカッコいい。(笑)

しかも定価ベースで1万円切っているのはこちらのグローブだけです。

店員さんも内側のクッション部分が心配なだけで、入門編で手に取りやすい低価格と機能性についてはおススメできるといっていました。

SSK:スーパーソフトシリーズ

SSKのグローブ
出典:SSKオンラインストア

ソフトスムースレザーという天然皮革を使用しているスーパーソフトシリーズ。

こちらも柔らかくて高品質なグローブとして有名だそうです。

いわれてみると革の質感も上品な感じだったような。

確かに良さそうなグローブでしたが、おススメされた3種類の中では一番高価だったのが悩みどころかな。

ミズノ:セレクト9

ミズノのグローブ
出典:ミズノ 公式サイト

最後はミズノのセレクト9というシリーズ。

ミズノとしても新しいコンセプトのシリーズみたいですよ。

”選ばれし9人になる”というキャッチフレーズで展開されている、少年野球向け(初心者向け)のグローブになっています。

柔らかい革を使用しているのはもちろん、開閉しやすいようにグローブの構造自体も工夫されてるんだとか。

価格も1万円ちょっとなのが魅力。

まとめ

ということで、我が家のグローブリサーチが終了しました。

ポイントは3つ。

  • 手に合ったサイズ
  • なるべく柔らかい
  • できれば本革仕様

これらのポイントとおススメされたグローブを考えたところ、我が家の第一候補はミズノのセレクト9になりました!

アシックスのグローブに比べると開閉しにくそうでしたが、それもまた修行のうち。

ウチのお父ちゃんも少年野球時代にはミズノのグローブを使っていたとのことで、ほぼこのグローブに決まりそうです。

店員さんからグローブが合ってないと上達しにくいとも言われたので、なるべく早く購入して慣れさせなければ!

このページがお子さんのグローブ選びに役立てば幸いです。